スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
うーん。
2006 / 10 / 14 ( Sat )

人によって話の雰囲気は変わる。

人によってものの見方は変わる。

感じ方も変わる。



今日はいろいろな人から話を聞く大切さを学んだ。


あたしのしらなかった事実が見えてきた。


今日聞いた人の話だけを信じるつもりはないけど、

っていう言い方はよくないけど、

全部の話をあたしは信じる。


これで客観的と呼ぶのかはわかんないけど。


うーん。

でも知りたくなかったこともいっぱいあった。

知っておいた方がそりゃいいけど、

それを知ったことによって自分の態度が変わってしまいそう。


やだな。

そんなことはしたくない。。


気をつけよ。


スポンサーサイト
00 : 58 : 35 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ふはぁ。
2006 / 10 / 06 ( Fri )

このブログはすんごいひさしぶり。

もうだぁれも見てないだろうな。


だからこっちはグチブログ。
あっちはラブブログ。


昔よんでた小説を読み返してて、すごく泣きそうになった。

浮気というか、他の人のところへいってしまった人と
よりを戻すという話。

彼女も彼とすごく長い間一緒に時を過ごしてきて、
とても幸せな日々の中で、彼の気持ちが少しずつ離れていくのを感じてた。
自分が一番じゃないならそんな男はいらないと思った。
別れは彼女から告げた。
彼は新しい彼女と新しい生活を始めた。
しかし、やはり二人の絆は強く再び出会う。
そして彼は彼女とやり直すことを決める。
彼女は彼のことが信じられない。
彼のやさしさに触れるたびに怖くなる。


信頼をこわすことは一瞬なのに、
信頼を取り戻すことにはどれだけの時間が必要なんだろう。


信頼したいと思っていはいるのに
心の奥にあるいつまでも続く一抹の不安。


「昔の彼女という永遠のライバル」
たまたま見た本での一説。

昔の彼女よりも、自分と一緒にいるときに心揺れた彼女の方が
あたしにとっては永遠のライバル。

一時でも自分より上をいった相手。

未来はいくらでも変えられるのに
過去は永遠に消えない。


自分を重ねすぎてあたしは一人で泣いた。



いつかあのころが二人にとって必要な時間だったのだと
笑顔で言えるようにって思ってたけど、
いつになったらそのときは来るのだろう。

あの話を笑顔で話せるようにはなったけど、
必要な時間だったのだとはまだ言えないや。


お互いに相手の信頼を取り戻すために一日一日を積み重ねて、
好きだという気持ちをぶつけたり、
相手からその言葉を引き出したり、
そばにいるのが再び当たり前になって
しあわせなのも当たり前になって。


過去が消えたらいいな。



22 : 25 : 07 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。